初めての写真撮影講座  <2007.9.16>

c0136472_11565536.jpg
 霧ヶ峰パークボランティアの第3回学習会に参加。今回は、「初めての写真撮影」がテーマでした。初めて...といっても、デジカメの人から、一眼デジカメの人まで。
 コンパクトデジカメでは、なかなか上手く撮れないと思っていたのですが、実際にやってみるうちに、「こんな機能があったんだ」 「こうすれば撮ることが可能なんだ」 という発見もあって楽しい時間となりました。

 マツムシソウとススキの草原。
 散策者の去った秋の高原のうら寂しさを感じさせてくれますか?


c0136472_120219.jpg
 なかなか、マクロ機能を使っての撮影ができない(ピント合わせが奥に行ってしまう。勝手に!)と思っていたのですが、さにあらず。いろいろやっているうちに、マクロモードでズーム機能を使い、ちょっと離れたところから... で成功しました。
 こうみると、ハクサンフウロの小さい花にも、「自然の繊細な手仕事」がよくわかります。

c0136472_12131523.jpg 今回の野外撮影の場所は、自然保護センターから霧鐘塔、グライダーふれあい館の間でした。
 観光客の多い所なので、ほとんど立ち寄りはしなかったのですが、いろいろな表情を見せてくれました。

 たとえば、霧ヶ峰でキアゲハを見たことは何回かありますが、キアゲハの幼虫は見たことがない、というか“気づかなかった”のでしょう。今日は、何匹か見ました。これからさなぎになって、来年の春を迎えるのでしょうか。

 こうやって接写すると、うんとグロいなぁ...。

 一眼デジカメが欲しくはなりましたが、なにぶん高価なもので...。 持ち歩きやすい小さめの一脚くらいは購入したいな、と思った次第です。
[PR]
by uraniwa_yukis | 2007-09-16 18:30 | パークボランティア
<< 初めての草刈り機講座 マツムシソウ >>